フェラーリ初FUV『プロサングエ』、V12エンジン搭載で9月デビュー確定! | Spyder7(スパイダーセブン)

フェラーリ初FUV『プロサングエ』、V12エンジン搭載で9月デビュー確定!

自動車 新車スクープ
フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ ティザーイメージ
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真

フェラーリは現在ブランド史上初となるFUV(フェラーリ・ユーティリティビークル)『プロサングエ』を開発しているが、そのワールドプレミアが2022年9月に行われることが確実となった。

フェラーリは、2026年までにすべてのラインアップの60%がハイブリッド、及びピュアエレクトリックモデルにする計画を持っており、プロサングエでも4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載するプラグインハイブリッドが予想される。しかし、注目は5月に発表された新開発V型12気筒エンジンの採用だろう。排気量は不明だが、『812Competizione』の最高出力830psと同レベルであることはわかっている。

予想される市販型デザインは、それほど高い最低地上高を持たず、いわゆるSUV的なイメージというよりはコンパクトハッチバックのようなシルエットで、公開されているフロントエンドのティザーイメージでは、非常にスリムなLEDヘッドライト、大型のコーナーエアインテークも確認されている。おそらく、ランボルギーニ『ウルス』や、アストンマーティン『DBX』のようなスーパーSUVとはデザインで差別化されることになりそうだ。

ワールドプレミアは9月、ベントレー、ロールスロイス、アストンマーティン、ランボルギーニなどのハイエンドブランドSUVと対峙していくことになる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top