公式発表前に間に合った!ポルシェ究極の911、『GT3 RS』新型、完全フルヌード姿をついに公開 | Spyder7(スパイダーセブン)

公式発表前に間に合った!ポルシェ究極の911、『GT3 RS』新型、完全フルヌード姿をついに公開

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS新型 プロトタイプ スクープ写真

ポルシェがワールドプレミアを直前に控える『911GT3 R』新型のフルヌード姿をスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

911GT3 RSは、愛好家の間で「公道のレーサー」とも言われ、自然吸気エンジンを搭載する究極の『911』とされている最強ストリートモデルだ。

捉えた最新プロトタイプのフロントエンドには、バンパーに大型インテーク、両端に垂直のフィンを備えている。またフードには一対の巨大な通気口を配置、ただしこれがラジエーターを冷却するものなのか、空気力学を改善するためにエアを送るためなのか明らかではない。

側面では、フロントフェンダーの上部に大きなスリットを装備、ホイールの後ろにも別のフィンが見てとれる。標準GT3と異なり、RSでは降臨の全部に開口部が配置されている。後部では、GT3よりさらに巨大なウィングを装着、その下にはリアデッキのリップにもコンパクトなスポイラーが確認できるほか、後輪の後ろには複数の垂直フィンを装備、エアロダイナミクスが大幅に向上すると予想される。

足回りにはイエローのブレーキキャリパーを備えていることから、カーボンセラミックストッパーがあることを示している。またこれまでのプロトタイプと大きな違いは、センター出しデュアルエキゾーストパイプが下向きに装着されている点だが、最終的に調整される可能性が高い。

新型のパワートレインは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、9500rpmの超高回転でパワーを発揮する。また最新情報によると、前世代の最高出力は520hpだったが、新型では580hpまで向上すると予想される。トランスミッションは、6速マニュアル、および7速PDKデュアルクラッチを提供するGT3とは異なり、ラップタイム重視のRSではPDKのみが提供される。

気になる911GT3 RSのワールドプレミアだが、6月23日のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードと噂されているが、ポルシェが大きなサプライズを計画していない限り、その可能性は低いと見る情報もある。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top