アウディA4最後のガソリン高性能ワゴン、『S4アバント』次期型、内外を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディA4最後のガソリン高性能ワゴン、『S4アバント』次期型、内外を初スクープ!

自動車 新車スクープ
アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ S4アバント 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

アウディは2023年にも、主力モデル『A4』ファミリーの次期型を投入する。今回は、高性能ワゴン『S4アバント』と思われるプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。最後のエンジン搭載モデルとなるか?その姿に迫る。

プロトタイプのフロントエンドには、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライトを装備。コンパクトになったメッシュグリル、バンパー両サイドにスリムなエアカーテンを配置し、フォグランプはメインクラスターに統合されているなど、ベースモデルである『A4アバント』の次期型プロトタイプと同じ特徴が見られる。しかしボディを若干ローダウンし、クワッドエキゾーストをインストールしていることからパフォーマンスモデル「S4アバント」であることが濃厚だ。

側面を見ると、洗練された新設計のドアハンドルをカモフラージュしている。ホイールにはいくつかのカバーがみられ、センターキャップにはトルクセンサーが取り付けられている。これはテスト中にホイールの滑り量を検出するデバイスだ。

コックピットには、ワイドデジタルスクリーンを搭載し、大幅に刷新されたダッシュボードを備えている。タッチスクリーンは、現行型のように突き出たタイプではなく、センターコンソールに統合される。また『Q4 e-tron』に似た形状のフラットボトムステアリングホイールを装備。オートマチックトランスミッションの分厚いシフトレバーはコンパクトなセットアップに変更される。

次期型A4ファミリーは、VWグループの「MLB Evo」プラットフォームのアップデートバージョンを採用する。現行型S4のパワートレインは、最高出力349psを発揮する3.0リットルV型6気筒ターボチャージャーエンジンを搭載している。次期型では完全な電動化への移行を前に4気筒へのダウンサイジングも考えられるが、いずれにせよマイルドハイブリッド技術が投入され過去最高の出力となる可能性が高い。

アウディは、ベースとなるA4セダンとアバントを2023年に投入する計画。「S4」と「RS4」が2024年に続くことになるだろう。

アウディ『S4アバント』次期型の内外装を初スクープ!シリーズ最後のエンジン車となるか

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top