1965年、初代日産シルビアがフルEVで復活へ...2024年にも発売の噂! | Spyder7(スパイダーセブン)

1965年、初代日産シルビアがフルEVで復活へ...2024年にも発売の噂!

自動車 新車スクープ
日産 シルビアEV(仮)予想CG
  • 日産 シルビアEV(仮)予想CG
  • 日産 シルビアEV(仮)予想CG
  • 日産 シルビアEV ティザーイメージ
  • 日産 シルビア 歴代モデル(初代)
  • 日産 シルビア 歴代モデル(2代目 S10)
  • 日産 シルビア 歴代モデル(3代目 S110)
  • 日産 シルビア 歴代モデル(4代目 S12)
  • 日産 シルビア 歴代モデル(5代目 S13)

2021年、欧州日産は初代『シルビア』からインスピレーションを得たフルエレクトリック(BEV)シルビアのデザインを公開したが、早ければ2024年にもグローバルモデルとして発売される可能性があることがわかった。

日産デザインヨーロッパのバイスプレジデントであるマシュー・ウィーバー氏は、未来のEVスポーツカーのためにデザインを依頼され、第一世代シルビア(左モノクロ写真)を参考にデザインしたという。

初代シルビアは1964年の東京モーターショーで「ダットサン クーペ1500」としてデビュー、翌1965年に発売された。このモデルは「ダットサン・フェアレディ1600 SP311」と同じシャーシを採用したセミハンドメイドの特殊モデルだった。当時120万円という高額もあり、1968年までの3年間でわずか544台しか製造されていないが、「日本の自動車技術180選」にも選ばれた名車だ。

市販型のデザインはどうなるか。スクープサイト「Spyder7」が作成した予想CGでは、初代シルビアを踏襲したシルエットを現代風にアレンジ。フロントからサイドCピラーまで立体感をもたせたキャラクターラインを採用。フロントにも初代の雰囲気を待たせ、グリルの中には丸目四灯を配置、シャープな顔つきとした。

シルビアEVは、日産『アリア』やアルピーヌ『GT Xオーバー』が採用する「CMF-EV」プラットフォームを流用、4WDシステム「e-4ORCE」を搭載し、航続はWLTPモードで580km/hと想定される。

ワールドプレミアは最速で2024年と思われ、最後のシルビアから22年ぶり、初代の登場からおよそ60年を経ての復活となる。

日産『シルビア』が初代デザインのBEVで復活!? 2024年発売の可能性

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top