ホンダCR-V新型、コックピットを先行公開!エクステリアデザインも流出 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダCR-V新型、コックピットを先行公開!エクステリアデザインも流出

自動車 新車スクープ
ホンダ CR-V 新型コックピット
  • ホンダ CR-V 新型コックピット
  • ホンダ CR-V 新型 リーク画像
  • ホンダ CR-V 新型 リーク画像
  • ホンダ CR-V 新型 リーク画像
  • ホンダ CR-V 新型 リーク画像
  • ホンダ CR-V 新型ティザーイメージ
  • ホンダ CR-V 新型ティザーイメージ

ホンダは主力クロスオーバーSUV、『CR-V』新型を7月12日に初公開することを発表すると同時に、そのコックピットの画像を先行公開した。

また中国工業情報化部(MIIT)サイトで公式リークされているエクステリア画像を、スウェーデンエージェントから入手に成功した。

初代CR-Vは1995年に誕生、2016年後期モデルからは海外専用モデルとなった。2018年、第5世代にフルモデルチェンジするタイミングで、2年ぶりに日本市場に復活したが、2022年には「インサイト」などとともに生産終了となることが報道されている。

公開されたキャビン内は、『シビック』新型とかなり似ていることがわかる。しかしセンターコンソールでは、シフトレバーの位置が左右逆になり、ボタン類が横に配置されている。またカップホルダーがなくなり、見えないアームレストの前部に移動されている可能性がありそうだ。その他の違いでは、通気口を拡大、ドアパネルのスタイル変更などがみられる。

エージェント経由で入手したエクステリアは、非常にスリム化されたヘッドライト、クロムストリップを備える新設計されたハニカムメッシュグリル、L字型コーナーエアインテークを装備、側面では刷新されたキャラクターライン、Dピラーに沿ったLEDテールライトなどが確認できるほか、ボンネットは現行型より長くなっているようにも見える。後部では、テールゲートやピラーに伸びる大型L字型テールライトが強烈なインパクトを放っている。

ボディサイズは長さ4,703mm(185.1インチ)、幅1,866 mm(73.4インチ)、高さ1,690 mm(66.5インチ)と拡大。パワートレインは、1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力は190hpを発揮すると見られ、FWDモデルが17インチホイール、AWDバージョンではより大きな18インチのセットを備えるため異なるホイールが用意される。

CR-V新型の公式デビューは7月12日には、より詳細な情報が公開されるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top