メルセデスベンツ長距離ゼロエミッショントラック、『eActrosLongHaul 』9月ワールドデビューへ! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスベンツ長距離ゼロエミッショントラック、『eActrosLongHaul 』9月ワールドデビューへ!

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ
  • メルセデスベンツ eActrosLongHaul ティザーイメージ

メルセデスベンツは現在、長距離走行ゼロエミッショントラック『eActrosLongHaul』を開発しているが、そのティザーイメージが公開された。

eActrosLongHaulは、メルセデスベンツが発表した3台の次世代トラックのうち最大のEV航続距離を誇る40トントラックだ。公開されたティザーイメージでは、特長的なLEDデイタイムランニングライトや全幅に広がるLEDバー、ブランドのスリーポインテッドスターが確認できる。

市販型では、1回の充電で約311マイル(500km)の航続を提供するリン酸鉄リチウムバッテリーパックが搭載されることが明らかになったほか、「メガワット充電」機能を備えていることがわかった。これにより、バッテリーパックを「30分未満」で20~80%にすることができるという。

メルセデスベンツは「輸送業者の運用慣行における長距離輸送アプリケーションの大部分は、500 kmを超える範囲を必要としない」と述べており、欧州連合の規制により、トラックの運転手は最小限の距離を取る必要があるため、4.5時間の運転後45分の休憩をとっており、充電時間は問題にないという。前述の高速充電テクノロジーのおかげで、eActrosLongHaulは、ドライバーが休憩している間にすばやく補充できる計算だ。

メルセデスベンツ・トラックのCEOであるKarin Rådström氏は、長距離輸送の電化は、CO2中立への道の次のマイルストーンです」と述べているほか、eActrosLongHaulは「お客様にとって経済的に実現可能」であると発表した。

eActrosLongHaulのワールドプレミアは9月、生産型発売は2024年内に予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top