トヨタスポーツの頂点に...『GR GT3』市販型、特許画像が流出! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタスポーツの頂点に...『GR GT3』市販型、特許画像が流出!

自動車 新車スクープ
トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 
  • トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 
  • トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 
  • トヨタ GR GT3 コンセプト
  • トヨタ GR GT3 コンセプト
  • トヨタ GR GT3 コンセプト
  • トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 
  • トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 
  • トヨタ GR GT3 コンセプト 市販型 特許画像 

トヨタは東京オートサロン2022にて、スーパースポーツ『GR GT3コンセプト』を初公開、既存モデルをベースにしていないピュアスポーツカーに世界が注目したが、その市販型と思われる特許画像が流出した。

GR GT3コンセプトは、エクステリアデザインと、全長4590mm、全幅2040mm、全高1140mm、ホイールベース2725mmというボディサイズのみがアナウンスされているが、そのボディシルエットからミッドシップが予想される。

スウェーデンのエージェント経由で入手した特許画像だが、最大の注目は巨大リアウィングの排除だろう。代わって統合されたダックテールスポイラーが装着されており、市販型の可能性がありそうだ。

ウィングレスを除けば、レーシングホイール、最低地上高、サイドマウントエキゾーストパイプ、フロントフェンダーエアベント、際立つスプリッターやフロントバンパーのカナード、そして後部にディフューザーを備えた超ロースタンスを維持している。また長いボンネットには大きなベントを配置、車体右のBピラーには燃料キャップが見てとれる。シャープで鋭いヘッドライトは、スリムなグリルと融合、全幅のLEDテールライトは、リアバンパーの大きな開口部にうまく統合されている。

GR GT3が発売されれば、スープラの上位に位置するフラッグシップスポーツカーとなることが予想されるが、3千万円以上も予想されており、価格帯を考慮するとレクサスブランドから発売される可能性もありそうだ。

またコンセプトが発表されたとき、そのシルエットがマツダ「RX-Vision GT3コンセプト」と酷似していると話題になっており、市販型では噂のマツダ「RX-9」とのコラボレーションも可能性がゼロとは言い切れないだろう。

話題の尽きないGR GT3だが、その市販型を見ることができるのは2024年以降となりそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top