VWフルサイズSUV、『トゥアレグ』第3世代が初の大幅改良へ!これが最後のICE搭載モデル | Spyder7(スパイダーセブン)

VWフルサイズSUV、『トゥアレグ』第3世代が初の大幅改良へ!これが最後のICE搭載モデル

自動車 新車スクープ
VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW トゥアレグ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

VWのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『トゥアレグ』が現行初の大幅改良を迎える。日本で販売されなくなり久しいトゥアレグだが、どのような進化を遂げるのか。スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えたプロトタイプの姿とともに紹介する。

初代トゥアレグは2002年、ポルシェ、アウディとの共同開発により誕生。第3世代となる現行型は、2018年に登場しており、これが初の大幅改良となる。

アルプスで捉えた2台のプロトタイプは、どちらもフロントエンドを中心にカモフラージュ。ヘッドライトにはステッカーが貼られ、下部へ伸びているように見えるがこれはダミーだ。しかし全体を隠していることから内部LEDグラフィックはもちろん、アウトラインも変更される可能性がありそうだ。またバンパーのコーナーエアインテークは一部が塞がれており、こちらも今後着手されるだろう。

後部では、デュアルエキゾーストパイプと、ディフューザーの上には全幅リフレクターを備えるスポーティーなR-Lineバンパーを装備。テールライトのグラフィックは新設計されているように見える。

キャビン内では、12インチのデジタルインストルメントクラスターと15インチのインフォテインメントタッチスクリーンを備える「イノビジョンコックピット」がすでに採用されているため、改良新型では更新されたソフトウェアを取得、より高度なADASを搭載するだろう。

トゥアレグは、アウディ『Q7』や『Q8』、ポルシェ『カイエン/カイエンクーペ』、ベントレー『ベンテイガ』、ランボルギーニ『ウルス』など、多くのVWグループのSUVと共通の「MLB Evo」プラットフォームを採用。改良新型でも、3.0リットルV6 TDIディーゼル、3.0リットルV6 TSIガソリン、プラグインハイブリッドV6 TSI、パフォーマンス重視の「R PHEV」などがキャリーオーバーされる見込みだ。ただディーゼルに関しては、より厳しい環境規制のために特定の市場から外される可能性がある。

トゥアレグ改良新型のデビューは2023年初頭と予想される。これが最後のICE(内燃機関)搭載トゥアレグとなるだろう。

最後のICE搭載『トゥアレグ』、現行初のビッグマイナーでどう進化する?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top