BMW M5次期型、新開発V8+デュアルモーターで最大750馬力か!? | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW M5次期型、新開発V8+デュアルモーターで最大750馬力か!?

自動車 新車スクープ
BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW M5 次期型プラグインハイブリッド 市販型プロトタイプ スクープ写真

BMWが現在開発中のハードコアセダン、『M5』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

最新プロトタイプは、フロントドアに「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーを貼り、両方のリアフェンダーに燃料キャップがあることから、このプロトタイプがプラグインハイブリッドである可能性が高い。PHEVに関しては、BMW「M」ワークショップマネージャーであるハンス・ラーン氏が、オーストラリアのカーメディアにその存在を認めている。

またヘッドライトとテールライトは、プレースホルダー(ダミーコンポーネント)だが、固定された頑丈なホイールアーチ、クワッドエキゾーストパイプを装備、足回りの巨大ブレーキなどからもハードコア「M5」だと判断できる。

わずかに見える内部だが、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテイメントシステムで構成されるカーブドディスプレイの搭載が濃厚なほか、ミニマリストのギアシフターを装備するはずだ。

パワートレインは、新開発の4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを「XM」と共有、デュアル電気モーターと組み合わせたプラグインハイブリッドが有力で、最高出力は650ps、最大トルク800Nmは確実と見られており、EV航続は80kmになるという。また噂では最高出力750psを発揮する、より強力なトップモデルも設定されると予想される。

M5次期型のワールドプレミアは、2023年内、あるいは2024年初頭まで待つことになるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top