インフィニティ旗艦SUV、『QX80』次期型は2024年デビューか...レクサスLXと激突! | Spyder7(スパイダーセブン)

インフィニティ旗艦SUV、『QX80』次期型は2024年デビューか...レクサスLXと激突!

自動車 新車スクープ
インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80
  • インフィニティ QX80

インフィニティは現在、フラッグシップ・クロスオーバーSUV『QX80』次期型を開発しているとみられるが、そのデビューが2023年後半、または2024年初頭に行われる可能性が高いことがわかった。

その起源となる「QX」は1996年にインフィニティブランド初のクロスオーバーSUVとして発売、2014年モデルから「QX80」に改名された。同モデルは米国の新車市場で最も古いモデルの1つとなっており、次期型への世代交代が急務となっている。

同ブランド会長のペイマン・カーガー氏は、Automotive Newsのインタビューにて、QX80次期型がプレミアムメーカーの新時代を示すことになるといい、モデルの性能仕様を強化、その基盤と技術を共有する日産アルマーダとはさらに差別化して高級路線へ向かうことを目指し、インフィニティの究極の目標は、ランドローバーレンジローバーや、レクサスLXなどの高級SUVのライバルとして新しいQX80を発売することだと付け加えた。

これはQX80次期型が、視覚的にも品質とパフォーマンスの面でもブランドイメージを再起動する必要がある、いくつかの次世代インフィニティ製品の最初のものになり、新しい企業の顔が次のモデルに配置され、フラッグシップSUVでデビューすることを意味しているといっていいだろう。

現行型のパワートレインは、5.6リットルV型8気筒エンジンを搭載、最高出力は400hpを発揮するが、次期型ではダウンサイジングターボを採用し電動化される可能性もあるだろう。

インフィニティは2025年に初のフルエレクトリックモデルを発表予定のほか、2020年代後半にはQX60サイズのコンパクトクーペSUVも計画されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top