その名は「ドラゴン」...2,000馬力の史上最強ガルウィングSUV登場へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

その名は「ドラゴン」...2,000馬力の史上最強ガルウィングSUV登場へ!

自動車 新車スクープ
ドラコ ドラゴン SUV 市販型 ティザーイメージ
  • ドラコ ドラゴン SUV 市販型 ティザーイメージ
  • ドラコ ドラゴン SUV 市販型 ティザーイメージ
  • ドラコ ドラゴン SUV 市販型 ティザーイメージ
  • ドラコ ドラゴン SUV 市販型 ティザーイメージ

シリコンバレーを拠点とる振興EVメーカーの「Drako Motors」(ドラコモータース)は、新型クロスオーバーSUVを予告、そのティザーイメージを初公開した。

ドラコは2019年、4基の電気モーターを搭載、最高出力1,200psを発揮するハイパーカー「ドラコGTE」を発表、第2のテスラとして注目を集めている。

そのドラコが新型のハイパワースーパーSUVを計画している。ティザーイメージからは、「ドラコGTE」からインスピレーションを得たヘッドライト、フードデザイン、フロントバンパーの一部が見てとれる。最も特長的なのはガルウィングドアで、大量のカーボンファイバーが採用されているという。

市販型では、同社の「Drako DriveOS」アーキテクチャに乗り、DriveOSクワッドモーターを搭載、3段階のサスペンションを持ち、4モーターのセットアップからは最高出力2,000psを叩き出す。また最高速度は321km/h、0-100km/h加速はわずか1.9秒とテスラ「モデルS Plaid」と同等の動力パフォーマンスを誇る。

インテリアの画像は未公開だが、ドラコはキャビンを上質なレザーで仕上げると言い、 「EVパワートレインによって可能になるパッケージとデザインの自由を利用する」ことで、最大5人まで乗車可能だという。

同社によれば、ドラゴンSUVは「今年後半に自動車の世界を征服する」と語り、間もなく予約が開始されるようだ。ランボルギーニウルス、ベントレーベンテイガ、その他の高価なパフォーマンスSUVを凌駕することができるのか、要注目だろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top