電動化された「S68」エンジンで最大530馬力!BMW X5改良新型、新Mパフォーマンスは「X5 M60i」 | Spyder7(スパイダーセブン)

電動化された「S68」エンジンで最大530馬力!BMW X5改良新型、新Mパフォーマンスは「X5 M60i」

自動車 新車スクープ
BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X5 M60i 市販型プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV『X5』改良新型を開発しているが、そのパフォーマンスモデルとなる『X5 M60i』市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

捉えたプロトタイプは、スリムでダイヤモンド型のキドニーグリルを備えるピュアMモデルと異なり、通常のX5で使用されるグリル形状を保っている様子がうかがえる。ただしメッシュカモフラージュが施されていることから、ベースモデルから際立たせるグリルベーン処理がなされることを示唆している。

またヘッドライトはスリムになっており、上部にLEDデイタイムランニングライトを配置しているが、X7のような上下二段のスプリットデザインは見送られているようだ。後部では、テールライトのグラフィックやバンパーを新設計、クワッドエキゾーストパイプがインストールされている。

キャビン内では、最新の「iDrive8」ソフトウェアを搭載した大型タッチスクリーンを組み込むワイドスクリーンデジタルダッシュボードディスプレイを装備するだろう。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを採用、最高出力530psを発揮、「X5Mコンペティション」では最高出力620psへ向上する。

X5Mパフォーマンス改良新型の車名だが、「X7 M50i」が改良新型で「M60i」へアップグレードされたことを考慮すれば、X5でも同車名が与えられる可能性が高いだろう。

X5改良新型のワールドプレミアは、2022年内と予想、Mパフォーマンスが同時発表となるか、遅れて2023年以降になるか不明だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top