その勇姿を日本で見たかった...ヒョンデのホットハッチ『ヴェロスターN』、2023年生産終了へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

その勇姿を日本で見たかった...ヒョンデのホットハッチ『ヴェロスターN』、2023年生産終了へ!

自動車 新車スクープ
ヒョンデ ヴェロスターN
  • ヒョンデ ヴェロスターN
  • ヒョンデ ヴェロスターN
  • ヒョンデ ヴェロスターN
  • ヒョンデ ヴェロスターN
  • ヒョンデ ヴェロスターN

日本市場復活を果たしたヒョンデは、高性能ハッチバック『ヴェロスターN』やサブコンパクトセダン『アクセント』を含まない2023年モデルラインアップを発表、ヴェロスターNの廃止が確定となった。

韓国「Hankyung」誌によると、今年7月にも韓国でヴェロスターの生産を終了する予定で、SUV「コナN」や「アバンテN」の販売強化が目的だという。

初代ヴェロスターは2011年に発売、シューティングブレークと2ボックスハッチバックが合体したようなスポーツシルエットで、運転席側が1ドア、助手席側が2ドアと言う非対称スタイルが特徴的だった。2018年には第2世代へ移行、ブランドのアイコンであるカスケードグリルや、左右非対称デザインを継承、高性能「N」は、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は最大275psを発揮するホットハッチだ。また人気が下降線をたどったベースモデルは、2020年11月に韓国での販売が終了となっている。

一方、強化されるコナは次世代型プロトタイプが何度か目撃されており、スプリットヘッドライトが維持されていることがわかっている。コナは2020年に大幅改良が行われているため、次世代型の登場は2023年に期待されている。

日本再上陸を果たしたばかりのヒョンデだが、このホットハッチが日本で見ることが出来ないのは残念だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top