マツダCX-30への刺客...シュコダ カミック改良新型、元祖スプリットヘッドライトは継承されるか!? | Spyder7(スパイダーセブン)

マツダCX-30への刺客...シュコダ カミック改良新型、元祖スプリットヘッドライトは継承されるか!?

自動車 新車スクープ
シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • シュコダ カミック 改良新型プロトタイプ スクープ写真

VWグループ傘下であるシュコダのコンパクトクロスオーバーSUV、『カミック』改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

初代となる現行型カミックは2019年に登場したBセグメントクロスオーバーSUVで、VWグループの「MQB」プラットフォームを採用、兄貴分「コディアック」や「カロック」の下に位置する。

オーストリアで捉えたプロトタイプは小さなトレーラーを牽引、高負荷の状況で動力性能をテストしているのだろう。そのフロントエンドには、現行型よりV字型ではない新グリルを装備するほか、新設計されたエアインテークを備える、際立つフロントバンパーが確認できる。

注目はヘッドライトだ。カミックは、現在BMWやプジョーなど欧州ブランドで流行の兆しをみせる上下二段のスプリットヘッドライトを装備しているが、プロトタイプでは、シングルユニットのように見える。だが、下部のメインヘッドライトはカモフラージュで隠されている可能性が高く、露出しているのはスリムなLEDデイタイムランニングライトのはずだ。

側面では、ドア、サイドミラー、リアハッチに変更が加えられていないようだが、後部では、テールライトのグラフィックのグラフィックが新設計されているほか、リフレクターが下部へ移動された新しいバンパーが見てとれる。

パワートレインは、直列3気筒と4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンをラインアップ。マニュアルトランスミッションとデュアルクラッチトランスミッションをセレクトできるほか、高性能「vRS」バージョンも設定される。

カミック改良新型のデビューは2022年内と予想され、市場ではマツダCX-30が最大のライバルとなる。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top