これがホンダ アコード次期型だ!ルーフラインがよりスポーティに進化 | Spyder7(スパイダーセブン)

これがホンダ アコード次期型だ!ルーフラインがよりスポーティに進化

自動車 新車スクープ
ホンダ アコード次期型 予想CG
  • ホンダ アコード次期型 予想CG
  • ホンダ アコード次期型 予想CG
  • ホンダ アコード次期型 予想CG
  • ホンダ アコード現行型
  • ホンダ アコード現行型
  • ホンダ アコード現行型

ホンダは『レジェンド』なき後、フラッグシップセダンとして君臨する『アコード』次期型を開発しているが、その最終デザインを予想プレビューする。

初代アコードは1976年に3ドアハッチバックとし発売、10代目となる現行型は2020年に日本で発売されたが、北米では2017年に発売、すでに5年が経過している。

KOLESAL.RUから協力を得た予想CGは、シビック新型からいくつかのデザイン要素が取り入れられている。フロントエンドではスリムなヘッドライトをお装備、グリルが拡大され新メッシュパターンが確認できるほか、バンパー下部にもワイドな吸気口が配置されている。

後部では、シャークフィンを備え、現行型より急降下するルーフラインに注目だ。またLEDストリップライトで繋がれたスポーティなテールライト、スプリットタイプのトランクリッドスポイラーが装備されている。

キャビン内では、最新世代のフルデジタルインストルメントクラスター、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する最新のインフォテイメントシステムを搭載する。

改良新型では現行プラットフォームを維持、パワートレインは、最高出力192psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボ、最高出力252psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボ、最高出力212psを発揮する2.0リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドのラインアップが予想される。

アコード次期型のワールドプレミアは、2023年内に期待できそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top