ホンダ シビック タイプR新型、ついにカモフラージュ脱いだ!7月21日ワールドプレミア決定 | Spyder7(スパイダーセブン)

ホンダ シビック タイプR新型、ついにカモフラージュ脱いだ!7月21日ワールドプレミア決定

自動車 新車スクープ
ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ
  • ホンダ シビック タイプR 新型ティザーイメージ

ホンダが現在開発中の『シビック タイプR』新型の最新ティザーイメージが公開、ついにカモフラージュなしのスッピンが初公開された。

同ブランド代名詞となっているシビックは1972年に初代が発売、今年で50周年を迎えると同時に、シビック タイプRは25周年となる。7月20日といえば、世界的にアポロ11号が世界で最初に月面着陸を成功させた日と認識されているが、その偉大な日にシビック タイプRが新世代の幕を開ける。

フロントエンドが浮かぶティザーイメージでは、拡大されたグリル、シャープなL字型LEDデイタイムランニングライト、TypeRのロゴを装備、バンパーには大型エアインテーク、カーボンファイバースプリッターが確認できる。ほかでは、専用のフード、ブラックホイール、ワイド化されたサイドスカート、レッドのブレンボ製ブレーキキャリパーが標準装備されるだろう。

パワートレインは、2.0リットルVTEC直列4気筒ターボガソリンエンジンのアップグレードバージョンを搭載、6速マニュアルギアボックスと組み合され、駆動方式は前輪駆動を維持する。最高出力は320ps~330psを発揮するはずだ。

新型のボディカラーにはチャンピオンシップホワイト、ラリーレッド、ソニックグレーパール、クリスタルブラックパール、ブーストブルーパールの5色がラインアップされるという。またエクステリアカラーに関係なく、すべての新しいシビックタイプRは黒と赤のインテリアと組み合わされるが、このツートンカラーの正確なパターンは明らかではない。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top