トヨタ クラウン新型クロスオーバー、3連LEDなど鮮明にプレビュー! | Spyder7(スパイダーセブン)

トヨタ クラウン新型クロスオーバー、3連LEDなど鮮明にプレビュー!

自動車 新車スクープ
トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ
  • トヨタ クラウン 次期型 ティザーイメージ

7月15日にワールドプレミアが迫るトヨタの主力モデル『クラウン』新型の最新ティザーイメージがリリースされた。

そこには、上部にデイタイムランニングライト、下部に3連LEDを備えるスリムなヘッドライト、ツートーンカラーのボンネットフード、スリムなグリル、メッシュのダミーインテークなどが確認できる。

トヨタの代名詞とも言える初代クラウンは1955年に登場、65年以上キープコンセプトを守ってきたが、16代目となる次期型ではクラウン史上最も大きな進化を見せる。

それは、セダンでもなく、SUVでもない、クロスオーバー風のハイライディングのファストバックシルエットが予想される。

市販型では、これまでのFRから前輪駆動または全輪駆動のいずれかで構成できる、同社の「TNGA-K」プラットフォームを採用。ボディサイズは全長194.1インチ(4,930mm)、全高60.6インチ(1,540mm)とメルセデスベンツ「GLEクーペ」とほぼ同じ長さが予想されている。

新型のパワートレインは、3.5リットルV型6気筒のハイブリッドは消滅、CVTボックスに結合された2.5リットル直列4気筒ハイブリッドエンジンと、6速ATに結合された2.4リットル直列4気筒ターボエンジンが期待できそうだ。

いよいよヴェールを脱ぐ7月15日、クラウンの歴史が動く。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top