シリンダー数は半分でもパワーは150馬力も向上!メルセデスGLC新型、最強のAMG63最新スクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

シリンダー数は半分でもパワーは150馬力も向上!メルセデスGLC新型、最強のAMG63最新スクープ

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 新型プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツの主力クロスオーバーSUV、『GLC』新型に設定されるハードコアモデル、AMG『GLC63』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

GLC新型は6月1日にデビューしたばかりだが、AMGバージョンもほぼ同時に開発が進められており、ベースモデルを追うようにデビューの準備が整いつつある。

捉えたプロトタイプは、車体をローダウン。フロントエンドではパナメリカーナグリルがむき出しとなり、フルLEDヘッドライトが隣接して配置されている。下部では、フィンを備える大型のコーナーエアインテークや、別のグリルが装備されている。また幅の広いトラック、大型ホイールとブレーキ、分厚いサイドシルなども確認できる。

後部では、クワッドエキゾーストパイプがインストールされた新設計のディフューザー、ルーフにはコンパクトな新スポイラーも見てとれる。また左フェンダーには充電ポートが配置されており、プラグインハイブリッドであることが確認できる。

ベースとなるGLCはCクラスとプラットフォームを共有しているため、AMGでもエンジンオプションを共有する。パワートレインは、前世代の4.0リットルV型8気筒から、2.0リットル直列4気筒(M139)エンジンへ変更。シリンダー数は半分になるが、電気モーターを搭載することにより最高出力は150psも向上、最大670psに達する。

キャビン内では、12.3インチの自立型デジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれる。ただし、AMGには、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

AMG GLC63新型のワールドプレミアは、2022年内と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top