最終デザイン露出!アウディのEVクロスオーバー『e-tron』改良新型、航続は600kmに | Spyder7(スパイダーセブン)

最終デザイン露出!アウディのEVクロスオーバー『e-tron』改良新型、航続は600kmに

自動車 新車スクープ
アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ e-tron 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

アウディは現在、フルエレクトリックの欧州Eセグメントクロスオーバー『e-tron』改良新型を開発中だが、市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

雨中のオーストリア山中で捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが落とされ、最終デザインが鮮明に見えてきており、フロントエンドには、交差する六角形のメッシュパターンが配置された新グリルへが装備されている。ヘッドライトのアウトラインは継承されているようだが、内部LEDデイタイムランニングライトを刷新。バンパーには台形の開口部があり、コーナーエアインテークは現行型よりコンパクトに見えるが、カモフラージュで隠している可能性があるだろう。

側面では、優れた空力特性でデザイナーやEVメーカーの間で非常に人気の高い、デジタルサイドミラーを装備、後部では、全幅ストリップで結ばれるテールライトを配置、グラフィックが刷新されている。

キャビン内は撮影できなかったが、カメラマンによると、インフォテイメントディスプレイがアップデートされていたという。

EVスペックだが、改良されるe-tron、並びにe-tron Sportbackには、航続を伸ばす新開発バッテリーが搭載されるといい、より効率的なモーター、および改善されたエネルギー回収システムによりWLTP計測で373マイル(600km)が見込まれている。またより強力な電気モーターもアップグレードの中にあると噂され、強化される「S」グレードでは、ブーストモードで最大429hp、または496hpを発揮するという。

e-tron改良新型のワールドプレミアは、2022年内と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top