湾曲ディスプレがチラリ!? BMW X3次世代型プロトタイプに大接近 | Spyder7(スパイダーセブン)

湾曲ディスプレがチラリ!? BMW X3次世代型プロトタイプに大接近

自動車 新車スクープ
BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3 次世代型 プロトタイプ スクープ写真

BMWは現在、人気クロスオーバーSUV『X3』次世代型を開発中だが、その最新プロトタイプに大接近した。

第3世代となる現行型は2017年に発売、2021年には初の大幅改良を受け、直列4気筒、直列6気筒にマイルドハイブリッド技術を投入、いよいよ7年振りにフルモデルチェンジへ開発がスタートした。

捉えたプロトタイプは開発初期段階のため、厳重なカモフラージュをまとい、ヘッドライトやテールライトはプレースホルダー(ダミーコンポーネント)だ。ノーズを拡大すると、4シリーズほど極端ではないものの、グリルが拡大されている可能性があり、キドニーグリルの下に通気口は、そこに到達していることを示唆しているかも知れない。またスリムなコーナーエアインテークの上部にはランプを隠す円形の穴のようなものも確認できる。

側面に移るとCピラーは少し細くなっているように見え、ドアハンドルの位置も低くなっているほか、全長がストレッチされているように見える。ただし、現段階ではカモフラージュのせいかも知れない。

ウィンドウ越しに撮影されたショットでは、わずかにコックピットが見てとれるが、カバーで重要な部分が覆われおり詳細は不明だ。しかし湾曲したディスプレらしきものが前面に見えることから、最終的にはiXに似たガラスコックピットが見られる可能性が高いだろう。

ワートレインの詳細はまだ見えてこないが、プラグインハイブリッド、及びフルエレクトリックモデルをラインアップし、X3Mはガソリンと電気モーターによるハイブリッドを搭載し強力なパワーを提供してくれるはずだ。そして高効率な新エンジンと軽量化によって、燃料消費量、CO2排出量を低減させることになるだろう。

X3次世代型のワールドプレミアはまだ先で、2024年以降と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top