最終デザインに迫れ...ランボルギーニ次世代フラッグシップ開発車両を鮮明にスクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

最終デザインに迫れ...ランボルギーニ次世代フラッグシップ開発車両を鮮明にスクープ!

自動車 新車スクープ
ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)
  • ランボルギーニの新型フラッグシップモデル(スクープ写真)

ランボルギーニは現在、『アヴェンタドール』の後継にあたるフラッグシップモデルを開発中だが、その最新プロトタイプにスクープサイト「Spyder7」が初めて大接近!まだ車名も確認できていないこの新型スーパーカーの詳細に迫る。

アヴェンタドールは、『カウンタック』の血統を受け継ぐフラッグシップ『ムルシェラゴ』の後継モデルとして2011年に登場。ベースモデルは6.5リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は700ps、最大トルク690Nmを発揮した。これまで数え切れないスペシャルモデルが発売されてきたが、いよいよ後継モデルへバトンタッチされる。

この新型スーパーカーだが、アヴェンタドールと比較すると明らかな違いが多数見える。フロントエンドでは、ボンネットフードに2つのL字型のプレスラインが。ヘッドライトは『シアンFKP37』のように外側の輪郭がバンパーラインに沿っており、かなりアグレッシブな“つり目”のようだ。また中央に伸びるLEDデイタイムランニングライトの一部や、フロントバンパーのデザインもぼんやりと見えてきている。

側面では、内部に3つのストレーキを備える大型のエアインテークが見える。ランボルギーニの代名詞のひとつともいえるシザードアはラインが大きく変わっているほか、サイドミラーも刷新されている。

リアでは、バンパーの上部にアクティブスポイラーを装着。その下には六角形のハウジングにあるクワッドエキゾーストパイプが見てとれる。バンパー下部には2つの六角形のエアアウトレットを配置しており、大型のディフューザー、新設計のエンジンカバーなど当然ながらすべてが新しい。

パワートレインの詳細は不明だが、ランボルギーニは、アヴェンタドール後継モデルは、新設計のV12気筒エンジンを搭載するPHEVモデルになると発表しており、そのパワーは究極の内燃機関モデルとして登場した「アヴェンタドール LP780-4 Ultimate」の最高出力770ps、最大トルク720Nmより強力になる可能性は高い。

その登場は2023年内が有力とされている。

ランボルギーニの新型スーパーカー、その詳細に迫る!正式発表は2023年が有力

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top