アウトランダーPHEVピックアップバージョン!? 三菱L200次期型、最新プロトタイプをスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

アウトランダーPHEVピックアップバージョン!? 三菱L200次期型、最新プロトタイプをスクープ

自動車 新車スクープ
三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真
  • 三菱 L200 次期型プロトタイプ スクープ写真

三菱が現在開発中のピックアップトラック、『L200』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

L200はかつて『トライトン』として、日本でも2006年から2011年まで正規販売されていた1トンクラスのピックアップトラックだ。5代目となる現行型は2014年にデビュー。アジアやオセアニア市場でもかつての日本のようにトライトンとして販売されているが、激化するピックアップトラック市場をリードするためにも世代交代は急務となっている。

スペインで捉えた最新プロトタイプは、1月のテストミュールと異なり生産型ボディであることがわかる。フロントエンドは、「ダイナミックシールド」が取り入れられた大胆なグリルが露出。SUV「アウトランダー」と似た側面のC字型トリムが確認できる。

Cトリムのすぐ上部にはタイトなLEDデイタイムランニングライトを配置、メインヘッドライトはC字型に組み込まれ、現行型の大きなドライビングランプは排除されているようだ。。最大の変更点は日産「ナバラ」に似たメッシュパターンのグリルだろう。次期型では、ルノー・日産・三菱アライアンスにより新開発されたアーキテクチャを採用、日産のピックアップトラック「ナバラ」とは、ほかのコンポーネントでも多くの共通点があると予想される。

側面では、ホイールアーチの上の流線型のスタイリングが見てとれるほか、ホイールベースが延長されている様子がうかがえ、後部スペースの向上が見込まれる。後部では、LEDテールライトやバンパーは今後着手されるはずだ。またエキゾーストパイプが排出ガス監視用センサーに接続されていることから、市場に応じて、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンも提供されると予想できる。排出ガス基準が厳しいヨーロッパでは、アウトランダーのパワートレインに似たPHEVシステム搭載することになるだろう。

L200次期型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top