上海汽車Maxusから、アルファード競合のEVミニバン『MIFA 9』発売! | Spyder7(スパイダーセブン)

上海汽車Maxusから、アルファード競合のEVミニバン『MIFA 9』発売!

自動車 ニューモデル
MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • MAXUS MIFA 9
  • 直接の競合と目されるVOYAH Dreamer

中国最大の自動車メーカーである上海汽車傘下のMaxusから、高級EVミニバン『Mifa 9』が発売された。価格帯は26万9900~37万9900元(約554万~800万円)。

ディメンションは、全長5270mm 全幅2000mm 全高1840mm ホイールベース3200mmと、トヨタ『アルファード』と比べても二回りほど大きいフルサイズミニバンだ。バッテリーはCATL製の90kWhを搭載し、航続はNEDC基準で560km(WLTP基準に換算するとおよそ8掛けの440km前後)。最大出力180kW、最大トルク350Nmのモーターを1基搭載している。

Maxusは2010年に上海汽車が買収したイギリスのブランドで、上海汽車においては、おもにミニバンやピックアップ、小型商用バンなどをラインナップするブランドである。

そのMaxusがこのところ展開している新エネルギー車がMIFAシリーズであり、MIFAとは、新型の新エネルギー車共通プラットフォーム「Maxus Intelligent Flexible Architecture」の略称だ。MIFAは、ピュアEV/PHEV/FCVに対応しており、MIFA 9はMIFAプラットフォームを採用した初めての量産車となる。

中国国内では、ミニバンはMPVと呼ばれ、おもに企業のVIPを送迎するための車両として用いられることが多い。ゆえに高級ミニバンの市場がこのところ成長しており、MIFA 9も高級ミニバンのニューカマーとして市場に挑むことになる。ライバルとして、中国現地ではハイブリッド仕様のみが販売されているアルファード・ヴェルファイアはもちろん、レクサス『LM300h』、カテゴリトップシェアを誇るGMビュイック『GL8』、メルセデスベンツ『EQV』、東風汽車傘下のミニバンEVであるVOYAH『ドリーマー』、BYDとメルセデスベンツとの合弁であるDENZAのEVミニバン『D9』などなど、強敵がひしめいている。


上海汽車Maxusから、アルファード競合のEVミニバン『MIFA 9』発売

《佐藤耕一@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top