話題の流線型ハッチ、ヒョンデ『アイオニック6』にシューティングブレーク登場の可能性!? | Spyder7(スパイダーセブン)

話題の流線型ハッチ、ヒョンデ『アイオニック6』にシューティングブレーク登場の可能性!?

自動車 新車スクープ
ヒョンデ アイオニック6 シューティングブレーク 予想CG
  • ヒョンデ アイオニック6 シューティングブレーク 予想CG
  • ヒョンデ アイオニック6 シューティングブレーク 予想CG
  • ヒョンデ アイオニック6 シューティングブレーク 予想CG
  • ヒョンデ アイオニック6
  • ヒョンデ アイオニック6
  • ヒョンデ アイオニック6

2022年に日本市場復帰を果たしたヒョンデは、7月14日、流線形シルエットを持つEVセダン『アイオニック6』をワールドプレミアしたが、早くも派生ワゴンとなる『アイオニック6シューティングブレーク』登場が噂されている。

ベースとなるアイオニック6は、5ドアEVハッチバックの『アイオニック5』に続くアイオニック第二弾だ。77.4kWhの大容量バッテリーを積み、AWD仕様ではモーター最大出力325hpを発揮、0-100km/h加速5.1秒の動力性能を誇る。またその流線型ボディにより、前面空気抵抗のCd値がヒョンデ車ラインアップ中で最も低い0.21を達成している。

このベースモデルの実用性をさらに高めるのがシューティングブレークだ。KOLESA.RUから協力を得た予想CGでは、フロントエンドに変化は見られないが、ルーフラインが刷新、新設計のトランクリッドやルーフスポイラーが装着されている。

アイオニック6シューティングブレークが発売されるかは、現段階で不明だが、

ヒュンダイのチーフデザイナーであるSang Yup Lee氏は、最近のメディアインタビューにて、アイオニック6をシューティングブレークに変えることで素晴らしいハッチバックが生まれると断言しており、ブランドが派生ワゴンへ動いている可能性がありそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top