ランドローバーのスタイリッシュSUV、『ヴェラール』初の大幅改良へ!インフォテイメントは12インチに拡大か? | Spyder7(スパイダーセブン)

ランドローバーのスタイリッシュSUV、『ヴェラール』初の大幅改良へ!インフォテイメントは12インチに拡大か?

自動車 新車スクープ
ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー ヴェラール 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ランドローバーは2021年末、デザイン、プラットフォーム、テクノロジーを刷新した新型『レンジローバー』を発表したが、続いて登場する新モデルはレンジローバー『ヴェラール』の改良新型となることがわかった。スクープサイト「Spyder7」がプロトタイプを激写した。

現行型となる初代ヴェラールは2017年に発売、『レンジローバー・スポーツ』と『イヴォーク』の間を埋めるべく導入されたスタイリッシュSUVだ。近年、メジャーブランドの改良のライフサイクルが3年前後と短くなっている中、およそ6年振りとなる初の大幅改良だ。

南ヨーロッパで捉えたプロトタイプは、フロントとリアをカモフラージュ。しかし、グリルやバンパーは変わっていないように見える。ヘッドライト内部のLEDデイタイムランニングライトは新設計されているようだ。今後エアインテークを含む前後バンパーやテールライトの改良が着手されるだろう。

キャビン内では、現在の10インチ・インフォテイメントシステムが12インチ以上に拡大され、最新のテクノロジーにアップデートされる可能性がありそうだ。

パワートレインは、最高出力250psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、最高出力340psと400psを発揮する3.0リットル直列6気筒マイルドハイブリッド、そしてプラグインハイブリッドがキャリーオーバーされる見込みだ。

ヴェラール改良新型のデビューは、早くとも2023年後半以降と予想される。

スタイリッシュSUV『ヴェラール』が初の大幅改良へ!画面は12インチに拡大か?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top