アウディ第5のクーペSUV、『Q6 e-tronスポーツバック』開発車両を初スクープ! | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディ第5のクーペSUV、『Q6 e-tronスポーツバック』開発車両を初スクープ!

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック 市販型プロトタイプ スクープ写真

アウディは現在、フルエレクトリック・クロスオーバーSUV『Q6 e-tron』を開発中だが、その派生クーペ『Q6 e-tronスポーツバック』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

Q6 e-tronスポーツバックは、「Q3」、「Q5」、「Q4 e-tron」、および「e-tron」フラッグシップに続くアウディ第5のクーペSUVだ。VWグループの「MEB」プラットフォームを採用する「Q4 e-ron」と、「e-tron」フラッグシップの間に位置するモデルとなる。

厳重にカモフラージュされたプロトタイプは、フロントエンドに上下に分割のスプリットヘッドライトを装備、Bピラーまではベースモデルと同じデザインが見てとれる。しかし、Bピラー以降は大きく傾斜したルーフライン、ワイパーのない大型リアウィンドウ、サードブレーキライトを備えるダックテールスポイラーなど差別化されている様子がうかがえる。またフルLEDテールライトはテールゲートと同様に異なって見えるが、リアバンパーは、同じだ。

キャビン内では、デジタルインストルメントクラスターを装備するほか、センタースタックのうえには大型のインフォテインメントスクリーンが配置されると思われる。

Q6 e-tron、及びスポーツバック市販型では、ともにポルシェ マカンEVを支えるPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)アーキテクチャを採用。800ボルトの充電器機能、350kWの充電速度と後輪ステアリングをサポートし、1回の充電で500kmの航続を目指している。またシングル、デュアルモーターパワートレインレアウトで提供されるほか、最高出力600psを発揮すると噂される高性能「RS」もラインアップが濃厚だ。

Q6 e-tronのワールドプレミアは、2022年末までに登場する可能性が高く、Q6 e-tronから半年後の2023年前半にスポーツバックが登場すると予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top