BMW 5シリーズ次期型、LEDデイライトはこうして光る!ついに新設計ヘッドライト&テールライトを初装着! | Spyder7(スパイダーセブン)

BMW 5シリーズ次期型、LEDデイライトはこうして光る!ついに新設計ヘッドライト&テールライトを初装着!

自動車 新車スクープ
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

BMWの欧州Eセグメントセダン/ワゴン『5シリーズ』が、現行型登場から5年を経て、いよいよ第8世代へバトンタッチされる。2023年内の登場が予想される次期型5シリーズの最新プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

初代5シリーズ(E12型)は1972年に登場。50年の歴史を持つモデルがどのように進化するのか。

初めてプロトタイプの姿が目撃されてから約1年、いまだカモフラージュは厳重だが、生産型と思われるヘッドライトとテールライトが露出していることがわかる。ヘッドライトはコンパクトSUVの『X1』に似た形状だが、その内部のLEDデイタイムランニングライトは、より複雑化されているようだ。

テールライトはスリムな水平基調となっていて、その形状と位置はフラッグシップセダン『7シリーズ』に似ている。ただしLEDグラフィックは『X5』に近い、アウトラインをLEDが囲むようなデザインだ。

キドニーグリルが巨大化されている様子はないが、若干ワイド化されている。

ほか、内部はダッシュボード一面に広がるディスプレイが確認できる。デジタルインストルメントクラスターとインフォテインメントシステムのスクリーンは、横に長く湾曲した1枚のディスプレイに収められたフルデジタルコックピットとなるだろう。

次期型5シリーズは「CLAR」アーキテクチャを採用し、現在のBMWラインアップの他モデルと同様に、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、およびフルエレクトリックのパワートレインをカバーする。注目は「M560e」と呼ばれるMパフォーマンスPHEVで、最高出力は565psを発揮する。最上級の『M5』は、トリプルモーターを搭載し、システム合計出力は750psにも達する。

また次期型5シリーズは、2024年7月には欧州で自動運転「レベル3」を実現するという。

BMW『5シリーズ』50年目の大進化!「レベル3」自動運転も搭載、登場は2023年か

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top