8月17日デビュー決定!ポルシェ911 GT3 RS新型、ティザーイメージを初公開...よりトラックに焦点 | Spyder7(スパイダーセブン)

8月17日デビュー決定!ポルシェ911 GT3 RS新型、ティザーイメージを初公開...よりトラックに焦点

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ ティザーイメージ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ ティザーイメージ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真
  • ポルシェ 911 GT3 RS 新型プロトタイプ スクープ写真

ポルシェは現在、『911』のハードコアモデル『911 GT3 RS』新型を開発中だが、そのティザーイメージを初公開した。

911GT3 RSは、愛好家の間で「公道のレーサー」とも言われ、自然吸気エンジンを搭載する究極の『911』とされている最強ストリートモデルだ。新型では先代よりもトラックに焦点を当てたスパルタンモデルになる予想される。

リリースされたティザーイメージは、フロントバンパーコーナーや、フェンダー上部をカモフラージュ。側面でもサイドスカート、後部は公開されておらず、不明な点が多い。しかし、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えたプロトタイプは完全フルヌードのため、新型ディテールはそちらで確認して頂きたい。

フロントエンドには、バンパーに大型インテーク、両端に垂直のフィンを備えている。またティザーイメージでも確認できるが、フードには一対の巨大な通気口を配置、ただしこれがラジエーターを冷却するものなのか、空気力学を改善するためにエアを送るためなのか明らかではない。

スパイショットで確認できる側面では、フロントフェンダーの上部に大きなスリットを装備、ホイールの後ろにも別のフィンが見てとれる。標準GT3と異なり、RSでは降臨の全部に開口部が配置されている。後部では、GT3よりさらに巨大なウィングを装着、その下にはリアデッキのリップにもコンパクトなスポイラーが確認できるほか、後輪の後ろには複数の垂直フィンを装備、エアロダイナミクスが大幅に向上すると予想される。

またティザーイメージでは確認できないが、最新スパイショットでは、足回りにイエローのブレーキキャリパーを装着、カーボンセラミックストッパーであると思われる。

予想されるパフォーマンスは、4.0リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、9500rpmの超高回転でパワーを発揮する。先代の最高出力は520hpだったが、新型では580hpまで向上するとも噂されており、トランスミッションは6速マニュアル、および7速PDKデュアルクラッチを提供するGT3とは異なり、ラップタイム重視のRSではPDKのみが提供される可能性が高い。

911 GT3 RS新型のワールドプレミアは、8月17日に予定されている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top