ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化 | Spyder7(スパイダーセブン)

ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化

自動車 新車スクープ
ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化
  • ついに電動化ステッカー貼りニュル出現!コルベット初PHEVプロトタイプ、3台の開発車両に変化

GMのシボレーブランドは現在、初の電動モデルを開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュル高速テストに姿を見せたのは3台のプロトタイプだ。注目は以前貼られていなかった電動化を示すイエローステッカーが、それぞれ、リアウィンドウ左上やドアに貼られていることだ。これは、ドイツでテストカーに義務付けられた安全マーカーで、車両が事故やキャッチに巻き込まれた場合に、電動パワートレインを扱っていることを救急隊員に知らせる役目を果たしている。

明確な充電ポートは確認できていないが、運転席側フロントフェンダーに隠されている可能性がある。また「7」のスポークホイールは見栄えが良くないが、実際にはカーボンレボリューションによりGM用に制作されたカーボンファイバーリムで、標準のZ06ホイールよりも41ポンド(18.6kg)軽量だという。また「7」は「5」よりアグレッシブなフロントスプリッターを備えていることがわかる。おそらく、オプションかグレード違いかの相違だろう。

「E-Ray」(仮称)と呼ばれる可能性のある市販型は、2つのプラグインハイブリッド(PHEV)モデルが存在すると噂されている。1つは標準モデルの6.2リットルV型8気筒エンジンに電気モーターを組み合わせ、最高出力650ps、最大トルク678Nmを発揮するというもの。

もう1つのハイエンドモデルでは、最強モデルZ06の5.5リットルV型8気筒エンジンにモーターを組み合わせ、システム合計最高出力は1000ps、最大トルク1322Nmを発生させるといい、こちらは「Zora」という名称が予想されている。さらにハイブリッドが導入された後にはフルエレクトリック(EV)の登場が確定しており、GMの「Ultium」バッテリー技術を使用し、こちらの最高出力も1000psのハイパワーとなることが噂されている。

コルベット初の電動モデルのワールドプレミアは、早くて2023年とまだ先だが、その詳細は「後日発表する」とのみ公式SNSに投稿している。2023年以降シボレーが一気に電動化にシフトしてくだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top