祖先はマツダ「トリビュート」姉妹車...フォード エスケープ改良新型、フルヌードを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

祖先はマツダ「トリビュート」姉妹車...フォード エスケープ改良新型、フルヌードを激写!

自動車 新車スクープ
フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード エスケープ 改良新型プロトタイプ スクープ写真

フォードが開発を進めるコンパクト・クロスオーバーSUV、『エスケープ』改良新型をフルヌード姿でカメラが捉えた。

初代エスケープは、2000年に発売、日本市場にも導入された。当時フォードの傘下であったマツダと共同開発され、マツダからは「トリビュート」として販売されていたモデルだ。

第4世代となる現行型は2019年に登場しており、これが初の大幅改良となる。フロントエンドでは、現行の六角形ではなく、八角形の形状の新しいグリルを装備するほか、バンパーコーナーのメッシュエレメントは、既存の丸み帯びたデザインからシャープなエッジへ刷新されている。

ヘッドライトもその形状から完全に見直され、アウトラインがよりシャープになりLEDバーがヘッドライトの間を走っている。ライトが変更されたことによりフード新設計され、より角度のあるデザインが採用されている。

側面では、Cピラーに沿ったクロームトリムがわずかに暑くなっているように見える。また後部には、「ACTIVE」バッジを装着、このプロトタイプがアクティブ仕様であることがわかるほか、テールライトが少し丸みを帯びている。

エスケープ改良新型のデビューは、プロトタイプの状態からも年内が濃厚と言えるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top