「真のスポーツカーであり排他的」...フェラーリFUV「プロサングエ」、最終デザインはこれで決まり! | Spyder7(スパイダーセブン)

「真のスポーツカーであり排他的」...フェラーリFUV「プロサングエ」、最終デザインはこれで決まり!

自動車 新車スクープ
フェラーリ プロサングエ 市販型 予想CG
  • フェラーリ プロサングエ 市販型 予想CG
  • フェラーリ プロサングエ 市販型 予想CG
  • フェラーリ プロサングエ 市販型 予想CG
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フェラーリ プロサングエ 市販型プロトタイプ スクープ写真

フェラーリが現在開発終盤と見られるFUV(フェラーリ・ユーティリティビークル)、『プロサングエ』市販型の最新予想CGを入手した。

スーパーカーブランドとして、ランボルギーニやアストンマーティンに続き独自のSUV(フェラーリではFUVと呼ぶ)を発売することになるが、前出2ブランドが生産に制限をかけていないのに対し、フェラーリの新型ハイライディングモデルは、年間総出荷量の20%以下に抑えられる。この戦略により、プロサングエが従来のスポーツカーと同等に排他的で有り続けるという。

すでに9月のワールドプレミアが決定している同モデルだが、正式デビューをまえにKOLESA.RUから予想CGを入手した。いつもながら、最新スパイショットと最新情報をもとに制作されており、市販型デザインにかなり近いと言えそうだ。

プロサングエは、パフォーマンスが優先されるため、そのシルエットは他SUVと大きく異り、「ローマ」にインスパイアされたデザインを持つ。同ブランドでは、ワゴン「456GT ヴェニス」がわずか7台しか製造されなかったことを考慮すれば、プロサングエは実質初の生産5ドアモデルとなる。

フェラーリは新開発のV型12気筒エンジンを搭載することを発表しており、その最高出力は『812Competizione』の830psと同レベルになることが濃厚であるほか、全輪駆動とダブルクラッチオートマチックトランスミッションを採用する。

CEOであるベネデット・ビーニャ氏は、プロサングエを「真のスポーツカーであり、他のどの車とも異なります」と述べ、「100%フェラーリ」になると付け加えている。また伝説的なイタリアのブランドからの「パフォーマンス、革新、デザインのすべての要求に応え、それを超える」ために必要なものであると伝えられている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top