これなら買える?BMW X3次期型、ベーシックモデルをスクープ...ボディもグリルも拡大へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

これなら買える?BMW X3次期型、ベーシックモデルをスクープ...ボディもグリルも拡大へ!

自動車 新車スクープ
BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真
  • BMW X3次期型プロトタイプ スクープ写真

BMWが現在開発中の主力クロスオーバーSUV、『X3』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

第3世代となる現行型は2017年に発売、2021年には初の大幅改良を受け、直列4気筒、直列6気筒にマイルドハイブリッド技術を投入、いよいよ7年振りにフルモデルチェンジが執行される。

X3次期型は6月に初めてプロトタイプをキャッチ。ダミーパネルやプレースホルダーライトを装着しており、ディテールは不明だったが、大径ホイールを装着、後部にクワッドエキゾーストパイプがインストールされていることから、『X3M』の下位に配置される高性能モデル「X3 M40i」(新ネーム)であると思われている。しかし、今回捉えたプロトタイプは、ホイールが以前より小さく、後部にクワッドエキゾーストパイプを収納するリアバンパーが見られないことからも、ベーシックモデルの可能性が高い。

キャビン内は、ダッシュボード上の大型デュアルスクリーンセットアップを含む、BMW最新のインフォテイメントテクノロジーを「iX」から受け取ることが期待されている。

プロトタイプを見るとボディサイズが拡大されているように見える。またフロントエンドでは、閉ざされたキドニーグリルの下に通気口が配置され、下方向に拡大されている可能性がありそうだ。

次期型では、強力なX3 M用を含むさまざまなパワートレインを備えたX3を提供することが期待されている。電動化は、新しいX3の大部分を占め、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、および完全に電気的なバリエーションが計画されている可能性がありそうだ。

X3次期型のワールドプレミアは、2024年以降とまだまだ先となるだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top