2025トヨタ カムリ次世代型、クラウンからインスピレーション得たデザインか | Spyder7(スパイダーセブン)

2025トヨタ カムリ次世代型、クラウンからインスピレーション得たデザインか

自動車 新車スクープ
トヨタ カムリ 次期型 予想CG
  • トヨタ カムリ 次期型 予想CG
  • トヨタ カムリ 次期型 予想CG
  • トヨタ カムリ 次期型 予想CG
  • トヨタ カムリ 次期型 予想CG
  • トヨタ カムリ 現行型

トヨタのミッドサイズ4ドアサルーン、『カムリ』次期型に関する情報、及び予想CGを入手した。

初代カムリは1980年にセリカのセダンバージョンとして発売。現行型となる10代目は2017年に登場しており、現在は全世界100カ国以上で販売されている同社のベストセラーカーに成長、特に海外市場では爆発的な人気を誇っている。

デザイナーのTheottle氏から協力を得た予想CGは、「クラウン」新型から強いインスピレーションを得たエクステリアデザインが特長だが、クラウンのようなクロスオーバーセダンとはならないようだ。

そのフロントエンドには、クラウン新型をさらに進化させたデュアルヘッドライトを装備、上部にはシャープなLEDデイタイムランニングライトが走っている。またアグレッシブなブラックグリルもクラウンから影響を受けていることがわかる。

足回りには印象をぐっと引き締めるグロスブラックのホイールを装着、後部でも、クラウン譲りのLEDストリップテールライトバーが配置されている。

次期型では、「GA-K」アーキテクチャのアップデート版を採用、ホイールベースが延長されると噂されている。パワートレインは、3.5リットル自然吸気V型6気筒を廃止、最高出力265psを発揮する2.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載すると予想されているが、電動化されることも噂されている。

開発が順調に進めば、最速で2024年、遅くとも2025年には登場予定だ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top