いきなりフルヌード!? アウディ最新のEVクーペクロスオーバー『Q6 e-tronスポーツバック』市販型を初スクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

いきなりフルヌード!? アウディ最新のEVクーペクロスオーバー『Q6 e-tronスポーツバック』市販型を初スクープ

自動車 新車スクープ
アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q6 e-tron スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

アウディは現在、新型フルエレクトリック(EV)クロスオーバーSUV『Q6 e-tron』を開発中だが、その派生モデルとしてクーペSUVタイプの『Q6 e-tronスポーツバック』が登場することがわかった。プロトタイプの姿を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

キャッチしたプロトタイプは、全身を布でカバーされた“覆面”状態。その全貌を把握することは難しいが、偽装パネルやカモフラージュは見当たらず、赤いボディの一部とヘッドライトが露出している。

フロントエンドは、ベースモデルとほぼ同じと言って良いだろう。グリルはメッシュパターンがエンボス加工されたパネルを装着し、バンパー下部には唯一の開口部である台形の領域もうっすらと確認できる。ボディサイドからは、カバー越しながらクーペSUVらしい滑らかなルーフが見てとれる。

内部では、インストルメントクラスターとは別に、センタースタックに取り付けられた大型ディスプレイを配置する。これはQ6 e-tronと同様だ。

プラットフォームは次期アウディ『A6 e-tronセダン』および新世代のポルシェ『マカンEV』と共有する「PPE」を採用。現段階でパワートレインに関する情報はないものの、シングルモーターとデュアルモーターを用意するとみられ、最高出力590psとも噂される高性能「RS」の設定も濃厚だ。

トルクベクタリングとリアアクスルステアリング機能を搭載し、他のアウディやフォルクスワーゲンで採用される「MEB」ベースのEV以上にパフォーマンスが期待できる。

兄弟モデルとなるQ6 e-tronとポルシェ マカンEVは、最大350kWでの充電が可能で、500~600kmの航続を目指し開発がなされているという。

Q6 e-tronのワールドプレミアは2023年内と予想されるが、スポーツバックが同時に発表されるかは不明だ。

アウディの最新EV『Q6 e-tronスポーツバック』、覆面姿でもわかるクーペSUVのシルエット

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top