次期型はeモーター導入で全輪駆動「4Matic」のみ提供...メルセデスAMG『GLC63』を完全予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

次期型はeモーター導入で全輪駆動「4Matic」のみ提供...メルセデスAMG『GLC63』を完全予想!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC63次期型 予想CG
  • メルセデス AMG GLC63次期型 予想CG
  • メルセデス AMG GLC63次期型 予想CG
  • メルセデス AMG GLC63次期型 予想CG
  • メルセデス AMG GLC63次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63次期型 プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは現在、主力クロスオーバーSUV『GLC』に設定される最強モデルAMG『GLC63』を開発中だが、その市販型デザインを大予想した。

7月には、かなりカモフラージュが削げたプロトタイプをスクープしたが、そのスパイショットをベースに制作、KOLESA.RUから協力を得た。パナメリカーナグリルと、クワッドエキゾーストパイプを備えたこの高性能SUVは、メルセデスベンツバッジのついた「GLC」よりはるかにアグレッシブに見える。

強力なプラグイン ハイブリッド セットアップと一致するように、大型ホイールと強力な制動力を備えた、より強力なブレーキに適合するよう、広いホイールアーチが得られることは間違いない。スパイショットで発覚したように、GLC63新型には後輪ステアリングも搭載される予定で、コーナーを高速で通過する際の安定性が向上するはずだ。

パワートレインは、AMGでお馴染みの4.0リットルV型8気筒エンジンと決別する。次期型では、コンパクトなAMG「45」の2.0リッターターボガソリンエンジンを縦置きに搭載、後部に取り付けられた電気モーターと連携して、PHEVセットアップは最高出力670psと 最大トルク750Nmへと向上することが予想されている。

現行型では、後輪駆動のみの設定だったが、次期型ではe-モーターの追加により、C63とGLC63は4Maticのみで販売されることになるが、重量は心配する必要ないという。

キャビン内では、12.3インチの自立型デジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれる。ただし、AMGには、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

AMG GLC63次期型のワールドプレミアは、2022年秋以降になるだろう。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top