【オンボードカメラ動画】ポルシェ『タイカン』、ニュル量産EV最速記録達成! | Spyder7(スパイダーセブン)

【オンボードカメラ動画】ポルシェ『タイカン』、ニュル量産EV最速記録達成!

自動車 スポーツ・エンタメ
ポルシェ タイカン ターボS ニュル最速EV
  • ポルシェ タイカン ターボS ニュル最速EV
  • ポルシェ タイカン ターボS ニュル最速EV
  • ポルシェ タイカン ターボS ニュル最速EV
  • ポルシェ タイカン ターボS ニュル最速EV

ポルシェは、『タイカン・ターボS』がニュルブルクリンク北コースにて、量産EV最速レコードを達成したと発表した。

実はポルシェは、タイカン発表前の2019年8月、テストドライバーのラース・カーン氏により「ターボ」で7分42秒の最速記録を打ち立てたが、2021年9月、今度はテスラ「モデルSプラッド」が7分35秒を記録、その座を奪われていた。

そして今回、再度ラース・カーン氏が「ターボS」でタイトル奪取を狙いに来たのだ。ターボSでは、Porsche 4Dシャシーコントロール」のソフトウェアをアップデート、足回りには「ピレリP Zero Corsa」タイヤに包まれた21インチホイールを履き、純正の「パフォーマンスキット」をボディに装着。

その結果、グリーンヘルの20.8km(12.9マイル)で7分33秒350を叩き出し、テスラの記録を約2秒短縮させた。アップグレードされたタイカン ターボSはポルシェ テクイップメントを通じて、ドイツのみでオーダー可能だそうだ。

尚、テスラ モデルSプラッドに勝ったものの、EV全体では、VW IDが2019年6月に達成した6分05秒、2017年5月に「Nio EP9」が打ち立てた6分45秒のレコードが残っている。ただし、量産車としてカウントされていない。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top