9月デビューへ...ホンダ『パイロット』次期型、最新情報元にデザイン大予想! | Spyder7(スパイダーセブン)

9月デビューへ...ホンダ『パイロット』次期型、最新情報元にデザイン大予想!

自動車 新車スクープ
ホンダ パイロット 次期型 予想CG
  • ホンダ パイロット 次期型 予想CG
  • ホンダ パイロット 次期型 予想CG
  • ホンダ パイロット 次期型 予想CG
  • ホンダ パイロット現行型
  • ホンダ パイロット現行型

ホンダは現在、ミッドサイズSUV『パイロット』次期型に着手している。6月には、その市販モデルを予想するレンダリングCGを制作したが、最新情報を元にディテールの修正を試みた。

初代パイロットは2002年に誕生、3代目となる現行モデルは2015年に発売されており、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。これまでカモフラージュが厳重に施されたプロトタイプが目撃されたことがあるが、市販モデルはどう進化するのか。

エクステリアのフロントエンドには、スリムなヘッドライトを装備、LEDデイタイムランニングライトは下部に移動している。またフロントバンパーには垂直の通気口を追加、大型の六角グリルは内部パターンを刷新していることが確認できる。

後部では、全幅LEDストリップライトが目を引くほか、ルーフスポイラーが大型化されている。下部バンパーにはブラックのクラッディングとシルバーのインサートがパフォーマンス志向の美学をさらに高めているようだ。

次期型では、高級SUVアキュラ『MDX』とプラットフォームを共有し、ボディが拡大される可能性がある。おそらくホイールベースが延長され、足元は広く、後部座席の出入りが容易になるはずだ。

パワートレインは、市販型のパワートレインは、「MDX」の3.5リットルV型6気筒エンジンを流用、10速オートマチックトランスミッションを介して、最高出力290hp、最大トルク362Nmを発揮。エントリーモデルの駆動方式は前輪駆動となるが、ハイエンドバージョンではAWDを搭載するだろう。またより良いハンドリングを提供するため新開発のダブルウィッシュボーンフロントサスペンションが採用される。

パイロット次期型のワールドプレミアは、9月と予想されている。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top