雷神「トールハンマー」が進化!ボルボ旗艦SUV『XC90』次期型、フルEVとなる車名は? | Spyder7(スパイダーセブン)

雷神「トールハンマー」が進化!ボルボ旗艦SUV『XC90』次期型、フルEVとなる車名は?

自動車 新車スクープ
ボルボ XC90後継モデル 特許画像 
  • ボルボ XC90後継モデル 特許画像 
  • ボルボ XC90後継モデル 特許画像 
  • ボルボ XC90後継モデル 特許画像 
  • ボルボ XC90後継モデル 特許画像 
  • ボルボ XC90後継モデル 特許画像 

ボルボは現在、大型クロスオーバーSUV『XC90』後継モデルを開発中だが、その特許画像をスウェーデンのエージェント経由で入手に成功した。また欧州連合知的財産局では、『EXC90』という車名が確認された。

初代XC90は2002年に登場、現行型となる第2世代は2016年に発売、ボディー、シャシー、サスペンションをすべて刷新、ヘッドライトには北欧神話の雷神「トールハンマー」をモチーフにしたLEDデイタイムランニングライトを装備、大きな転換期となった。

そしていよいよ第3世代へバトンタッチされるわけだが、フロントエンドでは、後方に鋭角に傾いたヘッドライトを装備、「トールハンマー」も新設計されている。そのほかフルエレクトリックを示唆する密閉されたグリル、垂直のコーナーエアインテークも確認できる。また後部では、エキゾーストシステムは見当たらず、現行型やリチャージコンセプトとは一線を画するC字型テールライトを装備。同社によると、「ボルボ車の全電動化の未来のマニフェストを表す」と伝えられている。

XC90後継モデルは2022年頃と発表されており、車名は「EXC90」が最有力と見られているが、若干遅れがあると噂されており、2023年に連れこむ可能性も出てきている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top