メルセデスAMG G63改良新型、V8+マイルドハイブリッドで最大598馬力に進化! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスAMG G63改良新型、V8+マイルドハイブリッドで最大598馬力に進化!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 改良新型 プロトタイプ スクープ写真

メルセデスベンツは現在、本格オフローダー『Gクラス』に設定される最強モデルAMG『G63』改良新型を開発中だが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

初代Gクラスは1979年に発売、以降40年以上に渡り様々なレベルのアップデートが行われ、新鮮さを保っている。標準Gクラスと同様に、G63改良新型

は、2023年モデルとして今年デビュー予定となっている。

捉えたプロトタイプは、フロンエンドに新設計されたグリルを採用する可能性があり、その形状は変更されないと思われるが、新しいメッシュパターンが期待されている。またサイドマウントエキゾーストパイプとワイドボディキットから、このプロトタイプがパフォーマンスフラッグシップの「AMG G63」であることは間違いない。

改良新型では、インテリアのアップデートも注目、最新のMBUXインフォテインメントシステムを手に入れる。意外だが、GクラスはMBUXを持たないブランド唯一のモデルなのだ。また『Sクラス』、『Cクラス』、そして『SL』同様に巨大なタッチスクリーンを配置し、センターコンソールも完全に新設計されると予想される。

現在のパワートレインは、最高出力577psを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、AMGの9速SPEEDSHIFT TCT 9G-TRONICオートマチック トランスミッションに接続。この強力なドライブトレインは、2速トランスファー ケースと 、3つのディファレンシャルロックを備えたフルタイム全輪駆動システムと組み合わされている。一方、改良新型ではマイルドハイブリッドシステムを追加、一時的に最大21psを追加できる電気モーターを備え、最高出力は598psを発揮、より多くのパワーとより優れた燃費を実現するはずだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top