メルセデスAMGの過激ファストバックSUV、『GLC63クーペ』次期型を初スクープ成功! | Spyder7(スパイダーセブン)

メルセデスAMGの過激ファストバックSUV、『GLC63クーペ』次期型を初スクープ成功!

自動車 新車スクープ
メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)

メルセデスベンツが6月に新型を発表した人気のSUV『GLC』。その頂点に君臨するAMG GLCファミリーの開発が進められている。今回のスクープ情報は、クーペSUVの『GLCクーペ』に設定されるメルセデスAMG『GLC 63クーペ』だ。

ドイツ・シュトゥットガルト市街地で捉えたプロトタイプは、ボディ前後を中心にカモフラージュしているが、ローダウンしたワイドなボディが確認できる。また、より迫力のあるバンパー、パナメリカーナグリル、アグレッシブなコーナーエアインテークの形状など、通常のGLCクーペとは一線を画すタダモノではないオーラを醸し出している。

後部のクワッドエキゾーストパイプもAMGモデルの証だ。足回りにはAMGホイール、ドリルドローターと赤いブレーキキャリパーも確認できる。

キャビン内のレイアウトはGLCと共有。12.3インチのデジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなどが配置されている。AMGモデルでは、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

次期型ではパワートレインも注目だ。前世代の4.0リットルV型8気筒から、最高出力400psを軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンへ置き換えられ、さらに最大200psを超える電気モーターと組み合わされることによりシステム合計で670psを発揮するとも噂される。

しかし最新情報では、これを600ps程度に抑え、次回のフェイスリフトの際に馬力を向上させるか、「ブラックシリーズ」のようなスペシャルモデルの登場時にこのパワーを解禁する可能性もあるという。

「GLC 63」および「GLC 63クーペ」のワールドプレミアは、最速で2022年内と予想される。

年内登場か?最強の『GLC』、メルセデスAMG「GLC 63クーペ」内外装をスクープ

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top