13年ぶりシビック タイプR「セダン」復活?日本市場に期待 | Spyder7(スパイダーセブン)

13年ぶりシビック タイプR「セダン」復活?日本市場に期待

自動車 新車スクープ
ホンダ シビックタイプR セダン 予想CG
  • ホンダ シビックタイプR セダン 予想CG
  • ホンダ シビックタイプR セダン 予想CG
  • ホンダ シビックタイプR セダン 予想CG
  • ホンダ シビックタイプR
  • ホンダ シビックタイプR
  • ホンダ シビックタイプR

ホンダはブランドを代表するハイパフォーマンスモデル、『シビックタイプR』新型を発表したばかりだが、派生モデルへの期待が高まっており、今回は「セダン」を大予想した。

予想CGを提供してくれたのはデジタルアーティストの「Theottle」で、タイプRのアグレッシブなボディキットと、シビックセダンの4ドアシルエットがうまく融合している姿が見てとれる。

フロントエンドはタイプRハッチバックを共有、同様に大型ブレーキを備える合金ホイール、空力的なサイドシル、ワイドフェンダーが追加されている。だがセダンではリアオーバーハングが長いため、リアフェンダー形状に変化がみられ、リアバンパーも新設計されている。もっとも顕著なのは、リアウィングで、セダンのテールゲートの傾斜に合わせて位置が変更されている。

過去にシビックセダンタイプRは、2007年から2010年まで日本市場で専売された「FD2」型のみ存在した。新型が発売されるなら、2023年以降で、実に13年振りの復活となる。

予想されるパワートレインは、2.0リットル直列4気筒VTECターボエンジンを搭載、最高出力は330ps、最大トルク420Nmで、6,500rpmでピークに到達するほか、ピークトルクは2,600rpm~4,500rpmと思われる。

theottle
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top