レカロシートにスポーツタイヤ...起亜フルサイズ電気SUV『EV9』市販型、パフォーマンス「GT」モデルをスクープ | Spyder7(スパイダーセブン)

レカロシートにスポーツタイヤ...起亜フルサイズ電気SUV『EV9』市販型、パフォーマンス「GT」モデルをスクープ

自動車 新車スクープ
起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • 起亜 EV9 市販型プロトタイプ スクープ写真

起亜が現在開発中のフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『EV9』市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

EV9は、2021年11月のL.A.オートショーでコンセプトモデルとして初公開された3列シートのフルエレクトリックSUVで、北米を初め欧州などで発売が決定している。

ニュル付近で捉えたプロトタイプは、以前よりカモフラージュが落とされており、コンセプトのエッジの効いたボディラインは従来の落ち着いたデザインに変更されていることがわかる。だが、フェンダーとクォーターパネルのカモフラージュの下にいくつかのダミーパネルが突き出ており、サプライズデザインが期待できるかも知れない。

側面では、デジタルミラーが従来のサイドミラーに変えられているほか、Bピラーを装備し、スーサイドドア(観音開きドア)も変更されている。また後部を見ると、ピラーに沿って上部へ伸びるLEDテールライトを確認、コンセプトデザインを継承していることがわかる。

しかし、今回のプロトタイプ最大の注目はパフォーマンス指向のコンポーネントの存在だ。足回りには21インチの5本スポークホイールに、フロント255/45、リア285/45のアグレッシブなミシュランパイロットスポーツタイヤが装着されている。さらにキャビン内には、レカロシートを装備、ロールバーが配置されているなど、高性能「GT」バージョンの可能性もありそうだ。

市販型では、ヒュンダイグループのEV専用「E-GMP」プラットフォームを採用、73kWhのバッテリーを積み、航続は最大336マイル(540km)を走破、30分以内に80%の充電を完了する「次世代の超高速充電技術」を備える。また動力性能は0-100km/h加速5秒未満と巨漢ながら高いパフォーマンスを持ち、GTバージョンでは、「EV6」の最高出力577ps以上が期待できるだろう。

EV9では、同社の今後の自動運転システムである「AutoMode」 も搭載される。これにより、起亜自動車の自動運転技術ロードマップの第2段階が開始され、OTAアップデート、HDマップを備えたNSCC (ナビゲーションベースのスマート クルーズ コントロール)、ハイウェイ ドライビング パイロット(HDP)、オート レーン チェンジが作動、AutoModeのハイライトとなるはずだ。またAutoModeのよる完全自動運転は2025年以降の提供を目指しているという。

社内コード「MV」 と呼ばれるEV9市販型のワールドプレミアは、2023年内で、米国での価格は5万ドル(約675万円)と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top