VWゴルフ「R 20 Years Edition」、正式にニュル最速「R」モデルに認定! | Spyder7(スパイダーセブン)

VWゴルフ「R 20 Years Edition」、正式にニュル最速「R」モデルに認定!

自動車 新車スクープ
VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition
  • VW ゴルフR 20 Years Edition

VWは、『ゴルフR』20周年記念モデルとなる「ゴルフR 20 Years Edition」

が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにて、正式に「フォルクスワーゲンR」ブランド最速になったことを発表した。

ゴルフR記念モデルは、今年5月に正式にデビューしていたが、新たな記録で再び注目を集めている。今回、標準の「R」仕様のタイムを約4秒上回る7分47秒31の記録を達成、ニュルブルクリンクにおいて、史上最速のフォルクスワーゲンRブランド車として公式に認定された。

ゴルフR32の発売から20周年を記念して発売されたゴルフR32は、ツーリングカーレースドライバーとフォルクスワーゲンR開発ドライバーのベンジャミンと共に、伝説的なニュル北コースに挑だ。

ゴルフR20イヤーズでは、「Rパフォーマンスパッケージ」を標準装備、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」ユニットを強化し、最高出力は315psから328psに向上、0-100km/h加速は4.6秒のパフォーマンスを誇る。このハードウェアのアップグレードにより、サーキットの特定セクションで時速265km/hの最高速度を達成、ホットハッチは事実上、歴史上最も強力な生産ゴルフになった。

同ブランドでは、2023年春までに「ゴルフR 20 Years Edition」を発売予定だが、その価値が一気に高騰したのは間違いないだろう。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top