【SPY 動画】アルプスを実車が走る...アウディA6のフルEV版「A6 e-tron」 | Spyder7(スパイダーセブン)

【SPY 動画】アルプスを実車が走る...アウディA6のフルEV版「A6 e-tron」

自動車 新車スクープ
アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真

アウディが現在開発を進める新型オールエレクトリック『A6 e-tron』市販型の最新プロトタイプをビデオが捉えた。

A6 e-tronは、その名の通り『A6』のEVバージョンだ。初代A6は1994年に発売、第5世代となる現在型もセダン/アバントのスタイルで販売されている。最新型ではマイルドハイブリッド技術も導入されているが、フルエレクトリックは初となる。

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、現在ブレーキテストを行っているといい、エレクトリックモデルらしくスムーズにワインディング・ロードを駆け上る姿が確認できる。ボディはカモフラージュで覆われているが、ヘッドライトが現行型と全くことなっていることがわかり、そこにはシングルエレメントヘッドライトの代わりにスプリットヘッドライトが備わっている。

また後部では、2021年4月に公開された「A6 e-tronコンセプト」から継承する傾斜したルーフライン、ファストバックデザインなどが確認できる。市販型では、新しいPPEプラットフォーム上に構築される予定で、将来のポルシェ マカンEVと共有されることも分かっている。

EVパワートレインは明らかになっていないが、コンセプトでは4秒未満で時速100km/hに達することができる、最高出力470psのデュアルモーターのセットアップを搭載しており、市販型に反映されるか注目される。車内はまだ見えていないが、最新のインフォテインメント技術と安全機能を備えた大型タッチディスプレイが期待できるだろう。

A6 e-tronのワールドプレミアは、最速で2022年内もあり得るが、2023年初頭までずれる可能性が高い。同セグメントでは、メルセデスベンツ「EQE」が導入されたほか、BMW「i5」なども予定されており、同市場が激化していきそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top