それでもBMWはスーパーカーを計画している...M1後継モデルの行方を占う! | Spyder7(スパイダーセブン)

それでもBMWはスーパーカーを計画している...M1後継モデルの行方を占う!

自動車 新車スクープ
BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW M Next コンセプト
  • BMW スーパーカー 予想CG
  • BMW i8開発車両 スクープ写真

先日はBMWが開発を目指しているという次世代ミッドシップスーパーカーを大予想したが、果たして本当に発売されるのだろうか?その可能性に迫る。

同ブランドでは、1978年から1981年にかけてミッドシップスーパーカー『M1』を製造していたが、その後、後継モデルは登場してない。1990年代初頭には、イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロ氏によって手掛けられた『Nasca C2』が登場、M1後継モデルとして有力視されたが、こちらも量産には至らなかった。

近年では、電動クーペ『i8』を後継モデルと言う人もいるが、そのスペックからスーパーカーというよりスポーツカーの枠に収まっていると言えるだろう。また2019年にには『ビジョンMネクスト』が登場、量産が期待されたが、現在まで発売されていない。これはクロスオーバーSUV『XM』がブランドの優先事項になったためと思われる。しかし、それはBMWがM1後継となる独自スーパーカー製造への扉を閉じたことを意味するものではない。

BMW MのCEOであるフランク・ヴァン・ミール氏は、Autocar誌のインタビューにて、「車好きとして、私たちは常にそのような車を作ることを夢見ています。それは私たちがそれらを作るという意味ではありませんが、私たちはそれらのアイデアを探求し続けています。」と語り、「私は常にそれがどのように機能するかを理解しようとしています」と付け加えた。

さらに同氏は、BMW Mがスポーティーな企業であることを証明する必要はなく、Mブランドにとってスーパーカーが絶対に不可欠というわけではありません。」と言い切っている。しかし、最後には「それは最優先事項ではありませんでしたが、心の底からそれは常に優先度が高く、それが私たちが常に見ているものです」とヴァン・ミール氏は締めくくっており、決してあり得ないことではない。

またドイツエージェントからBMW Mにスーパーカー開発のGoサインが出たという情報も入っており、Spyder7では、BMW独自スーパーカーは5年以内に発売されると見ている。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top