【FIRST TIME】メルセデスベンツGLA改良新型、ちょいパワフルなAMG『GLA35』も内外デザイン刷新へ! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST TIME】メルセデスベンツGLA改良新型、ちょいパワフルなAMG『GLA35』も内外デザイン刷新へ!

自動車 新車スクープ
メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG GLA35 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

メルセデスベンツの人気のエントリー・クロスオーバーSUV『GLA』に設定されるパフォーマンスモデルAMG『GLA35』の改良モデルをスクープ。「Spyder7」が捉えた写真とともにレポートする。

初代となる現行GLA(X247)は2019年に初公開され、2020年にAMGモデルと共に発売。まだまだ現役だが、早くも大幅改良される。

ヨーロッパで撮影されたプロトタイプだが、米国仕様のヘッドライトが装着されており、フロントとリアを中心にカモフラージュされている。隠されたパナメリカーナグリルは若干のデザイン変更となりそうだ。LEDデイタイムランニングライトや、下部バンパーの吸気口領域も新設計されるだろう。

足回りには最大21インチのお馴染みマルチスポークホイールセット、ブラックボディと対照的なレッドブレーキキャリパーが装着されている。

後部では、LEDテールライト内部グラフィックが変更されているようだが、デュアルエキゾーストパイプをインストールしたスポーティーなバンパー、ディフューザー、大型リアウィングは現行モデルから引き継がれている。しかし今後リデザインされる可能性はあるだろう。

GLAシリーズの改良新型では、アップデートされたMBUXインフォテインメントに重点が置かれるはずだ。おそらく、先進のグラフィックスを備えたデュアルスクリーンレイアウトはそのままに、センターコンソールのトラックパッドを廃止して、ワイヤレス充電パッドと新しいカップホルダーのためのスペースを増やすとみられる。その他、新しいステアリングホイールと内装オプションも用意されるだろう。またAMGのバリエーションでは、一体型ヘッドレストと、スポーティーなタッチを備えた一対のバケットシートが装備されると思われる。

現行GLA35のパワートレインは、最高出力306ps、最大400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、8速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされ、4MATIC全輪駆動システムを採用している。改良新型ではこれをキャリーオーバーすると思われるが、わずかなパワーブーストが与えられる可能性もある。

GLA並びにAMG GLA35のデビューは2023年初めと予想され、より高性能なGLA45はその後に登場するだろう。

ちょいパワフルなGLA、メルセデスAMG『GLA35』改良モデルをスクープ!

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top