前後LEDが大進化...起亜の欧米人気SUV『ソレント』が初の大幅改良へ!強固な「X-Pro」も設定 | Spyder7(スパイダーセブン)

前後LEDが大進化...起亜の欧米人気SUV『ソレント』が初の大幅改良へ!強固な「X-Pro」も設定

自動車 新車スクープ
起亜 ソレント 改良新型 予想CG
  • 起亜 ソレント 改良新型 予想CG
  • 起亜 ソレント 改良新型 予想CG
  • 起亜 ソレント 改良新型 予想CG
  • 起亜 ソレント現行型
  • 起亜 ソレント現行型

起亜が開発中とみられるクロスオーバーSUV『ソレント』改良新型のデザインを大予想した。

初代ソレントは2002年に発売、現在欧米市場のおいて重要なモデルと成長している。第4世代となる現行「MQ4」型は2020に登場、これが初の大幅改良となる。

提携デザイナーのNikita Chuicko氏から提供された予想CGで、最大の進化はフロントエンドだろう。改良新型では、LEDデイタイムランニングライトが躍動感あるデザインに変更、ヘッドライト内部に完全に収まっている。またヘッドライトからグリル中央へ向かい金属が走るなど、よりアグレッシブなデザインが見てとれる。バンパーコーナーには新たに垂直のLEDを配置、上部と下部グリルの間はシンプルな処理になっている。

側面では新設計のホイールを装着、後部ではバンパーデザインを刷新し、全幅のLEDストリップライトを装備するなど、よりスポーティーなイメージが感じられる。

現行型パワートレインは、最高出力191ps、最大トルク247Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒をエントリーモデルとし、上位には最高出力281ps、最大トルク422Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンがラインアップされている。またハイブリッドアシスト付き1.6リットルターボは最高出力227ps、1.6リットルターボと13.8キロワットのバッテリーを積むプラグインハイブリッドは最高出力261psを発揮、これらはキャリーオーバーされる可能性が高いだろう。

また改良新型では、強固な「X-Pro」バージョンも設定。こちらには、B.F.グッドリッチオールテレーンタイヤ、LEDフォグランプ、フロントガラスとウォッシャーノズル用のヒーター、17インチのマットブラックホイールを備えるほか、ツートンルーフはオプションとなっている。

Mr. Nikita Chuicko
《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top