フォード新型7人乗りSUV、車名は『フュージョン アクティブ』が有力候補! | Spyder7(スパイダーセブン)

フォード新型7人乗りSUV、車名は『フュージョン アクティブ』が有力候補!

自動車 新車スクープ
フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • フォード フュージョン アクティブ 市販型プロトタイプ スクープ写真

フォードが開発中とみられる、新型クロスオーバーSUVの最新プロトタイプをカメラが捉えた。

同社は2021年4月、上海モーターショーで『Evos』(エヴォス)をワールドプレミア、欧州でも販売されるモンデオ/フュージョン後継モデルのプレビューであると予想した。しかし、同社プロダクト コミュニケーション マネージャーのマイク・レビン氏は「エヴォスは中国市場のみを対象としています。現在、他の地域で提供する計画はありません」とTwitterで反応、欧州、北米モデルに注目が集まっているが、今回捉えたプロトタイプが、北米と欧州で販売されるモンデオ/フュージョン後継モデルであることが濃厚となっている。

今回捉えた2台のプロトタイプは、異なるサイドミラーを装着、1台はAピラーに、もう1台はドアに装着されているが、どちらもベルトラインがCピラーの付近まで上がっている。さらに両プロトタイプとも、CピラーとDピラーを厳重にカモフラージュしており、個性的デザインが見られるかもしれない。

さらに2台はヘッドライトとテールライトも異なっている。よく見ると1台はスリムなヘッドライトを備えているように見えるが、もう1台は2つの水平LEDを備える大型ユニットを備えているようだ。

テールライトは、1台はダミーコンポーネントだが、1台は市販型と思われる逆L時タイプが確認できる。これらの違いの理由は定かではないが、おそらく販売地域により専用のデザインとなる可能性がある。どちらもフラッシュマウントドアハンドルを備えており、ボディサイズからも3列目があることは濃厚と言えるだろう。

市販車名は「フュージョン アクティブ」が有力とされており、市場ではトヨタ「ハイランダー」などと争うことになりそうだ。ワールドプレミアは、今年後半、あるいは2023年初頭と予想される。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top