【FIRST TIME】アルファロメオからも発売...ジープ噂の「ベイビーレネゲード」、コックピットを激写! | Spyder7(スパイダーセブン)

【FIRST TIME】アルファロメオからも発売...ジープ噂の「ベイビーレネゲード」、コックピットを激写!

自動車 新車スクープ
ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ最小SUVのプロトタイプ(スクープ写真)

ジープから、人気の現行最小SUV『レネゲード』よりもコンパクトな新型SUVが登場する。スクープサイト「Spyder7」が、この名も無い新型SUVの内外装を激写した。

プロトタイプは、カモフラージュが厳重のためデザインのディティールは不明だが、流行のデュアルヘッドライトが採用されていることがわかる。また、リアを見るとマフラーが装着されていることから、このプロトタイプが内燃機関(ICE)を搭載するモデルだと判断できる。

インテリアは、フルデジタルインストルメントクラスターや、フィアット『500e』に似た10.25インチの大型自立式インフォテイメントタッチスクリーンが見てとれる。その下には助手席側いっぱいまで広がるエアベントと大きなトレイの存在が確認できる。金属製のシフトレバーは、これがMTモデルであることを示している。

このまだ名前が付けられていないジープは、後にデビューするSTLAスモールプラットフォームではなく、一連のステランティスモデルで既に使用されている「CMP/eCMP」となる予定だ。ICEおよびEVパワートレインを備えたFWD専用モデルとなる。

EVバージョンは、最高出力136psを発揮するフロントマウントのシングルモーターと、50kWhのバッテリーを搭載する可能性が高い。ICEモデルでは、PSAの1.2リットルPureTechガソリンエンジン、1.5リットルのブルーHDiディーゼルエンジンを搭載し、6速MTまたは8速ATが組み合わされる。

ボディサイズは現行ジープ最小のSUV『レネゲード』より小さく、全長4.10~4.15メートルになることが分かっている。この“ベイビーレネゲード”のワールドプレミアは最速で2022年内。アルファロメオやフィアットでも、それぞれの顧客層向けに、このプラットフォームを採用したモデルを開発していると思われる。

ジープ最小の新型SUV、内外装を激写!アルファ、フィアットからも登場予定?

《Spyder7編集部@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

page top