アウディA6オールエレクトリック「e-tron」市販型がニュルへGO!EVラインアップ拡大へ | Spyder7(スパイダーセブン)

アウディA6オールエレクトリック「e-tron」市販型がニュルへGO!EVラインアップ拡大へ

自動車 新車スクープ
アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • アウディ A6 e-tron 市販型プロトタイプ スクープ写真

アウディは現在、欧州Eセグメント『A6』のオールエレクトリックバージョンとなる『A6 e-tron』を開発しているが、その最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクの高速テストに出現したプロトタイプは、ボディ全体をカモフラージュでラッピング。しかし、現行A6とは全く異なる上下二分割のスプリットヘッドライトが確認できるほか、より小さく完全に覆われたシングルフレームグリル、フロントバンパーのワイドなインテーク、コンパクトなコーナーエアインテークなどを見ることができる。

後部ではスタンドインテールライトユニットを装着しており、その最終デザインは不明だが、A6 e-tronコンセプトでみられた、傾斜したルーフラインと後部のファストバックデザインも見てとれる。

市販型では、ポルシェと共同開発したPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)アーキテクチャを採用、両社はこのプラットフォームを使用して、Q6 e-tronをはじめ次世代の全電気式ポルシェ『マカン』など、さまざまな新車をサポートするだろう。

EVパワートレインは明らかになっていないが、コンセプトでは4秒未満で時速100km/hに達することができる、最高出力470psのデュアルモーターのセットアップを搭載しており、市販型に反映されるか注目される。車内はまだ見えていないが、最新のインフォテインメント技術と安全機能を備えた大型タッチディスプレイが期待できるだろう。

A6 e-tronのワールドプレミアは、最速で2022年内もあり得るが、2023年初頭までずれる可能性が高い。同セグメントでは、メルセデスベンツ「EQE」が導入されたほか、BMW「i5」なども予定されており、同市場が激化していきそうだ。

《Spyder7 編集部》

特集

編集部おすすめの記事

page top